• 完全無料ネット通信講座
ネット通信講座

YouTubeアカウント凍結原因を追究する

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

スパム行為は絶対にやってはいけない

qqq

 

メールの場合だとスパム行為と言うのは理解できるかと思います

不特定多数の人にオプトインさせていない相手に大量のメールを送り付ける行為などが

スパムメールと世間一般で呼ばれている犯罪行為です。

それではYouTube上でのスパム行為とは一体何なんでしょうか?

 

これに関して簡単に言うと意味のない無価値なコンテンツをアップしていく行為となります

つまりスパムメールとYouTubeのスパム行為とは意味合いが違います。

簡単に言うと大量のゴミ同然ともいえる需要の無い動画を上げ続けていると

警告なしの一発アカウント停止処置がとられてしまいます。

 

例えば同じキーワードのタイトルをアップし続けても一発アカウント停止となります

例で「パズドラ」の場合で挙げますと

 

・パズドラ 攻略

・パズドラ モンスター

・パズドラ 回復

・パズドラ アイテム

 

上記の様に同じ属性の複合キーワードばかりの動画をアップし続けると即座に

YouTube側から警告なしの一発アカウント停止となります。

動画の内容が違っていてもタイトルで完全にアウトになってしまいます

これに関しては目視では無くロボットがスパムと認識をします。

こうなった場合、異議申し立ても出来ませんので気を付けてください。

私も以前、パズドラ関係の動画を先に20個ほど作成しパズドラのタイトルで

20個を順番に上げていったのですが翌日に警告なしの一発アカウント停止を

受けた苦い思い出があります。

似たようなキーワードでのタイトルの動画を複数アップし続ける事だけは

絶対にしない事をお薦めします

動画のタイトルには気を付けましょう・・・

qqq

タイトルに含まれるキーワードが悲観的なモノが含まれていると警告が必ず来ます

これに関しても人が目視して調査している訳では無く

ロボットが特定のキーワードを抽出しそれに引っかかった場合警告が来ますし

最悪な場合は一発アカウント停止となる場合もございます。

 

悲観的なキーワードというモノはどういったモノなのか?

例でいくつか挙げておきますね

 

・殺人

・死亡

・ヤバイ

・盗撮

・終焉

・悲惨

 

他にも悲観的なキーワードはありますが私が過去にアカウント停止になった時の

ケースは上記のキーワードでしたがそれ以外にも複数存在します

きっと巡回しているロボットがそういう悲観的なキーワードを感知した時点で

そのアカウントに対して警告をしていくのでしょうね

YouTubeのアカウントが凍結になるのは運も多少あるかと思います

通報などの場合は人が確かめるのでしょうが

それ以外は、ロボットによる判定でしかないのです。

だからたまにそのロボットが誤作動を起こした場合、異議申し立てをすれば

そこは人の確認が行われるためアカウントが復活する場合がある訳ですね

 

YouTubeは本当に奥が深いです

でも経験を積むことで最高のツールとなる事は間違いないです。

あなたがもし警告が来たり、アカウント凍結になったりとその原因が

ハッキリとしないのならタイトルの「キーワード」を見直してみて下さい

 

55555 1

サブコンテンツ

管理人


名前:トモシゲ
趣味:麻雀
前職:建築作業員
現職:YouTubeを主体に稼いでいます
実績:コチラ

最近の投稿

このページの先頭へ