• 完全無料ネット通信講座
ネット通信講座

【第5弾】乃木坂46 桜井玲香 美人 可愛すぎる かわいい画像 インタビュー

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 

前回の記事は⇒コチラ

 

映画「あさひなぐ」についても話を訊いた。

筆者は撮影現場に何度か足を運んでいたのだが、八十村将子という男勝りの

少女を演じる桜井は、原作マンガ「あさひなぐ」に登場する将子そのもので、

乱暴な言葉遣いや攻めのなぎなたスタイルなど、見ていて鳥肌が立つ

瞬間が何度もあった。

あさひなぐ)は全国ロードショーされる大きな映画ですけど、

乃木坂が凄く絡んでいるという理由でただのアイドル映画とは思ってほしくはなくて。

私たちもあくまで、もっとフラットな、一般の映画のお仕事だと思っています。

そういうお仕事ができることって、凄くありがたいですよね。

乃木坂としても、また次のステップに来たんだなと思うんですよ。

私以外に出演しているメンバーは多いけど、アイドルとかそんな枠を取っ払って、

一人ひとりで戦うお仕事みたいな。

アイドルとしての乃木坂は多分、この5年間でもうある程度の

土台が出来たんじゃないかなと思うんですよ。

だから、そこはクリアしたから今度は次に、乃木坂なんだけどアイドル臭を

感じさせないような仕事をする。

グループの印象を残しつつも、乃木坂だったら入ってきてもフラットに

馴染めるじゃないけど、そういう印象をつくっていけるんじゃないかな

 

まだ完成した映画を観たわけではないが、撮影現場の様子からは、この作品が

乃木坂46によるアイドル映画」ではなく、

「少女たちが真剣になぎなたに挑む青春映画」になることは間違いないと確信している。

 

乃木坂46のファンはもちろん楽しむことが出来るだろうが、それ以外の・・・

原作ファンや単純に青春映画が好きな人にも受け入れられるはずだし

乃木坂46を知らない人には

「ああ、このなぎなたをやってる子、乃木坂の子なんだ」と

驚かせるぐらい、役に馴染んでいるのだから。

 

そうだったらいいなって思います。この作品は、本当に原作が素敵すぎるので

その良さを殺したくなかったんです。

確かにアイドルに対して凄く偏見を持っている人もいらっしゃると思う。

だけど、そのせいでこの映画を観ないと言われるような作品にはしたくないので

死ぬ気でやらなきゃと思ってやりました。

映画のクランクアップ時に桜井に話を訊くと、

達成感もあるけど、それと同じくらい、(もう終わっちゃうのか・・・)って悲しくて。

それだけ充実してたんだなって思います。

大変だったけど、凄くイイ経験になりました!」と笑顔で語ってくれた。

 

この笑顔と言葉からも、「あさひなぐ」という映画が我々の想像以上の

内容になっていることは、まず間違いない。

桜井が言うように、乃木坂46は既に新たなステージへと突入している。

きっと17年は、今まで以上にグループとしての真価が問われることになるだろう。

本当にそうですね。今までは穏やかに過ごす1年を目指していたんですけど

やっぱり荒波ぐらいの方がやってる意味があるなと思うので。

その中でもちろんみんな笑顔でいることは大事だけど、もっといばらの道というか、

そこを怖がらずに、避けずに進んでいくことが、これからの目標かなと思います。

もうみんな、どんどん進んでいけると思うし、そういう芯の強さや培ってきた

実力が問われることで、さらに一段高いところに行けるのかな

 

おそらく、正統派アイドルの側面は今後、3期生が担ってくれるだろう。

その上で、1期生や2期生は自ら荒波の中に進んでいき、後輩たちにその背中を

見せることで、3期生もさらに成長していくはずだ。

それに、3期生だって荒波ぐらいの方が伸びるのかなと思うので。

過保護に育てるよりも、(私たち、こっちでこれをやるから、3期生はそっちでこれをやって)

ってぐらいのほうが、スターっぽい子ができそうじゃないですか。

キャプテン的にはそういう感じで3期生にもやってもらおうと計画してます。

そうやって、自分たちで道を創っていくのが、

これからの乃木坂46の在り方なんだと思うんですよね

PROFILE

桜井玲香サクライレイカ

1994年5月16日生まれ、神奈川県出身

A型 おうし座

乃木坂46 1期生グループのキャプテンを務める

テレビでハングル講座」(NHK Eテレビ)に出演中

 

第1話・・・コチラ

第2話・・・コチラ

第3話・・・コチラ

第4話・・・コチラ

 

サブコンテンツ

管理人


名前:トモシゲ
趣味:麻雀
前職:建築作業員
現職:YouTubeを主体に稼いでいます
実績:コチラ

最近の投稿

このページの先頭へ