• 完全無料ネット通信講座
ネット通信講座

YouTubeの違反警告の判断は?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

YouTubeの警告判断は何?

zx

 

YouTube側から警告メールが来てアカウント停止になったり

指摘された動画が停止になったりとありますが

では、YouTube側はどの様な判断基準を設けて

その様な警告メールを送信しているのでしょうか?

まずはYouTubeユーザーからの通報です

zx

例えば、お子さんがわいせつな動画を観ていてその親が

YouTube側に通報するケースやテレビ局や事務所からの通報だったり

これに関してはYouTube側は迅速に対応していきます。

まぁ、わいせつ動画や録画番組やミュージシャンの歌などを

違法にコピーしてアップしているような人は

利用する権利はありませんからね・・・(^^

そして意外と初心者の人は知らない人もいるのがもう一つの判断基準です

YouTubeはキーワードで判断するシステムを使っています。

つまり簡単に言えばロボットです

zx

暴力わいせつNGワードキーワードの使っている頻度で

システムが判別していきそのアカウントを弾き出してっているのです

そしてある一定の基準に達した時、警告メールが送信されます。

つまり完全に自動化されているんですね。

そりゃそうですよね

1分で100時間以上の動画コンテンツが次々にYouTube

アップされ続けているんですから目視でチェックしていくなんて出来ません。

それにYouTube側が採用しているシステムは非常に高性能らしいので

結構、的確に違反行為を行っているアカウントを弾き出すみたいですが

当然、ロボットですので判断ミスもある訳です

だから異議申し立てをした時にアカウントが復活したり

その動画の停止が無くなり利用できるようになったりする訳です。

YouTubeは最大の動画コンテンツサイトですがアカウントの監視は

あくまで自動ロボットが行っています。

だからもしあなたが何の心当たりも無いの警告メールが来た場合は

当然、異議申し立てをすればいいでしょうが

ハナからパクリ動画や著作権を侵害している動画をアップしている人は

逆に異議申し立てをすればアカウント全体を目視され一発で

アカウントが停止になる確率は増しますのでしない方がいいかもですね

 

YouTubeの違反警告の判断は?まとめ

・警告の判断基準は自動ロボットがしている

・判断基準はNGキーワード頻度

・ユーザーの通報

・異議申し立てすれば人による審査がされる

YouTube側の判断基準は全てユーザーが通報しない限りは

自動ロボットがNGキーワード頻度で違反アカウントを抽出している為

動画自体が著作違反などを犯していなくてもタイトルなどで

警告メールが送られてくる場合が多いでのでその時は異議申し立てを

すればいいが、正当性が無き動画をアップしているアカウント所有者は

異議申し立てをする事によりアカウント停止確率が急激にアップしてしまう

YouTuberの人でもたまにアカウントが突然、停止にされる場合があるんですが

ガイドラインを守っている場合は殆どが自動ロボットの誤作動が殆どですから

異議申し立てをする事により直ぐに再開されるようになります

これはあくまできちんとしたチャンネル運営をしている人のみです。

正しくYoutubeを利用していきましょう。

 

55555 1

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人


名前:トモシゲ
趣味:麻雀
前職:建築作業員
現職:YouTubeを主体に稼いでいます
実績:コチラ

最近の投稿

このページの先頭へ